女の人

資産運用でマンション経営するなら知っておきたい事|失敗しない方法

企業の買収と不動産の関係

スーツの人

企業買収の方法は提携から合併までさまざまあります。合併すると不動産も含めてすべての財産が相手に移転するため買収元は消えてなくなります。会社としては存在させたいのであれば株式や持分を移転させるという方法もあります。

詳細

連帯保証人がいなくても

集合住宅模型

家を借りるときには、一般的に、連帯保証人が必要ですが、家賃債務保証制度を活用できる物件であれば、連帯保証人がいなくでも家を借りることができる。家賃保証制度を利用するときには、料金体系や信頼性を確認しましょう。

詳細

有望な資産運用方法

男性

仲介会社選びは重要です

資産運用を考えている人の中には、マンション経営に興味があるという人もいます。。マンション経営はビジネス知識があまりなくてもできる資産運用方法として人気を集めています。最初の初期費用資金は必要となりますが、経営が軌道に乗れば特に労力を要しなくても毎月の収入が得られるため、資産運用方法としては比較的失敗が少ない方法といえます。マンションなどの集合住宅の経営で重要なのは、入居者で部屋を埋めて空室を出来るだけ作らないことが安定収入を得るのに必要不可欠です。そのためには賃貸仲介会社の選定も重要で、入居希望者は大手のチェーン展開している賃貸仲介会社を主に利用する傾向があります。そのため知名度が高いチェーン仲介会社に物件登録するのが失敗しない為には必要ですが、他の賃貸不動産オーナーも同じ事を考える為、入居者獲得の競争率は高くなります。

地元密着型の会社の強み

知名度の高いチェーン展開する賃貸仲介会社は顧客獲得では有利ですが、意外に入居前後のアフターフォローは入居者にも物件オーナーにもありません。その点、地元密着型の街の不動産屋さんではチェーン店と違い、入居者にも物件オーナーにもアフターフォローを行う所が多く、地元密着型の仲介会社の利点を知っている入居希望者も多く居ることから、地元密着型の会社にも物件登録する事が、賃貸物件の稼働率をあげるうえでは重要です。また、マンション経営をするには少なからずリスクは存在します。過去のマンション経営での失敗例をあげると、入居者による家賃滞納などの多額の債務不履行が積み重なり、マンション経営に失敗するオーナーが少なくありません。その様な失敗を回避する為に、賃貸保証会社の利用も考慮したほうが良いでしょう。

賃貸物件の運営管理を委託

建物を持つ人

不動産業者による賃貸物件の委託管理は、賃貸物件オーナーにとっては家賃保証が約束される為、確実に安定した収入を得る事ができます。委託手数料を不動産業者に支払っても、任せたほうが安心できると考えるオーナーさんは、利用を考えてはいかがでしょう。

詳細