企業の買収と不動産の関係|資産運用でマンション経営するなら知っておきたい事|失敗しない方法
つみきとお金

資産運用でマンション経営するなら知っておきたい事|失敗しない方法

企業の買収と不動産の関係

スーツの人

買収先の不動産の行方

企業買収というと大企業が新たな分野へ開拓するための近道のひとつであったり零細企業の救済をかねたりして、あまりよいイメージをもたれていない方もいるでしょう。もちろんその一面があることも事実ですが、後継者が育たなかったため事業の跡継ぎの方法としての側面もあるため一概に悪いものともいえません。企業買収の方法は相手の会社の株式や持分などを買い取る方法と、会社ごと合併をする方法とに分けられます。買収が行われると会社の所有物は買収の方法によって相手企業に移転するかが変わります。株式や持分のみを買い取る場合、買収された側は会社として生き残り続けるため不動産をはじめとした会社の財産は原則買収された側の持ち主のままとなります。一方合併手続きをとると会社は消滅するため所有していた不動産も買収先のものとなります。完全に自らの事業から手を引くのであれば合併したほうが後片付けが早く済みますが、できるだけ現状を変更したくないのであれば株式や持分のみを移転するという選択肢も出てきます。

具体的な内容

企業買収の方法は資本や業務の提携などから、株式や持分の買収や合併までを含めた言い方をされる場合もあります。これらのうち会社の財産により影響を与える可能性があるのは株式や持分の買収や合併です。よって特に株式や持分買収と合併に絞って説明します。株式や持分の買収では、買収元の企業形態によって異なるところがありますが、株式会社であれば株式を、持分会社であれば持分を買収先の企業にすべて、あるいは大部分を移転させます。移転させることで買収先の企業が買収元の意思決定権を握ることになり、間接的に買収元の企業を支配することになります。これに対して合併では買収元の企業が買収先の企業に吸収され、買収先の一部分となるため元の会社は法人としては消滅します。買収先にとって株式や持分の買収に比べてより影響力を与えやすくなりますが、元の企業が持っていた不動産や債権、負債をすべて引き継がなくてはならないため特定のリスクだけを引き受けないという選択肢が取れなくなります。企業買収するときは買収元の都合だけでなく買収先の意図や会社と取引する者との関係もあるためどちらがよいかはそれぞれの場合によることになります。