連帯保証人がいなくても|資産運用でマンション経営するなら知っておきたい事|失敗しない方法
つみきとお金

資産運用でマンション経営するなら知っておきたい事|失敗しない方法

連帯保証人がいなくても

集合住宅模型

あきらめる前に

アパートやマンションなどの家を借りるとき、一般的には連帯保証人が必要です。でも、家族が高齢とか、親族とあまり付き合いがないなど、連帯保証人を頼みにくい、という方も多いと思います。また、高齢や外国人など、身寄りがない方もいると思います。そんなときには、家賃債務保証制度が使える物件を探しましょう。家賃債務保証制度は、手数料を支払うことにより、家賃債務保証会社が連帯保証人の代わりになり、賃貸借契約期間中に借主が家賃を滞納した場合に、一定の範囲で立て替えるという制度です。連帯保証人が確保できないから、家が借りられない、とあきらめている方がいたら、家賃債務保証制度が利用できる物件を探してみてはいかがでしょうか。

利用してみよう

では、具体的に、家賃債務保証制度を利用するにはどうすればいいのでしょうか。借りようとする物件の不動産の仲介業者が、家賃債務保証会社を紹介してくれますので、もし、複数の会社を選べるのであれば、料金体系や保証の仕組みなどを比較して自分に合った会社を選びましょう。選べない場合でも、よく確認しましょう。料金体系は、契約時にまとまった額を支払い、その後、1年ごとなど定期的に支払うというものや、契約時の支払いは不要で毎月一定額を支払うというものなど、会社や商品によって異なります。また、いざとなったときに保証してもらえることが必要ですので、信頼できる会社かどうかも確認する必要があります。適正な業務を推進するための自主規制ルールを設けている業界団体がありますので、そういった団体の構成員になっているか等により判断しましょう。